2015年3月27日金曜日

アプリ開発時におけるモチベーション維持の仕方

アプリの広告収入はアプリ開発者が活動を行う上で欠かせません。



ですが、私はアプリを作るときに「どれだけの広告収入を得られるのか」ではなく、「どれだけの利用者さんがアプリを使ってくれているのか」にこだわっています。

理由は簡単です。

広告を沢山表示すれば「稼ぐこと」はできるかもしれませんが、ユーザーがそのアプリをずっと使いたいかと問いかけると「NO」になるからです。

私のアプリはインプレッション数(広告表示回数)に比べてクリック数(広告が押された回数)がかなり低いです。

1日のレポート結果
インプレッション数:71,339
クリック数:179


普通だとクリック数が700を超える所、私のアプリは179と極端に低いです。

なぜかと申し上げますと、誤タップ誘導や広告の強調を行わず、目立たない場所に
広告を配置し、利用者さんが広告を見たくなったときに見て頂くという
作りにしているからです。

こういう作りにしていると売上の伸び率は低くなりますが、
アプリを利用するユーザーが増えていきます。


そして、時には「このデベロッパーのアプリはどれもおすすめ」
といったようなコメントをもらえたりします。

それがモチベーションアップにつながります。
  1. モチベーションが上がればスキルが高まる。
  2. スキルが高まれば、良いアプリを作れるようになる。
  3. 良いアプリを作れるようになれば多くの利用者さんに喜ばれる。
このサイクルの繰り返しが大切だと思っています。
これからも技術者として成長していきたい。

それをアプリで表現しているのかもしれません。

ご訪問ありがとうございました。
記事に共感頂けたら、下の応援ボタンを押してください。
  にほんブログ村 IT技術ブログ iPhoneアプリ開発へ
応援(にほんブログ村)

今後も定期的にブログを更新していきたいと思います。

ツイッターも始めました!
https://twitter.com/cloverkizuna

フォロー募集中。リフォローします。(現在のフォロワー1800人)

0 件のコメント:

コメントを投稿